滋賀県

日野

伊勢大神楽の渋谷章社中の新年は馬見岡綿向神社(うまみおかわたむきじんじゃ)の元旦祭からはじまります。午前4時30分、日野町を走る旧伊勢道の御旅所前に集結した社中は、親方の「いくぞ!」の掛け声に合わせて歩き始めます。日野町は近江商人発祥の地のひとつで、その中心に在するのが綿向神社。1200年の歴史を有し、地元の人から「大宮さん」と親しまれています。その大鳥居をくぐり、広大な境内に入ると、かがり火が真っ赤に燃えています。午前5時、綿向神社宮司と氏子総代が本殿前に静々と進みます。本殿の大戸を開いて祝詞、玉串奉賛の後、獅子舞の二頭の御頭と社中一同がお祓いをうけます。本殿の周囲には厳かな神事を見ようと氏子衆が集まっています。社中は氏子衆の前で、「鈴の舞」「神来舞」などを奉納し、一年の無事を祈願します。

 

彦根

滋賀県彦根市高宮神社の節分祭で夜神楽を奉納します。節分祭は新春を迎える神事。厄や疫病の象徴であった「鬼」を追い払うことで一陽来復・厄除開運・病魔退散を願ったのが始まりです。旧暦では大みそかでしたが、新暦に代わった現代では2月3日。高宮神社では厳しい寒さの中、多くの参拝者が訪れます。神殿のご祈祷神事の終わりと同時に大神楽のお囃子が始まります。まずはじめに鈴の舞でお浄めした後、四方の舞、吉野舞、神来舞を奉納。最後に花魁道中で締めくくります。