伊勢大神楽

石川宗太夫

羽津山町にある太夫たちの菩提寺である正法寺には石川宗太夫の江戸時代の記録が残っています。また海蔵神社所蔵の八幡社高宮棟札にもその名が刻まれており江戸時代、伊勢大神楽の組のひとつとして名をはせました。しかし福井県に残る記録によると石川宗太夫組の回壇がしばらく途絶えていたことが伺えます。明治時代、阿倉川の組の多くは廃業もしくは退転してしまいました。石川宗太夫組もそのひとつでした。

明治30年ごろ伊藤末春氏が石川宗太夫の名を受け継ぎ回壇を再開。その後中村幸次郎氏ー末春氏へと受け継がれていきました。